春帆楼本店

春帆楼本店 外観

ふぐ料理公許第一号店の割烹旅館です

明治21年、大時化でまったく魚の無いこの日に「魚を食したい」という初代内閣総理大臣伊藤博文公の御膳に、当時の女将ミチはお手討ち覚悟でご禁制のふぐを出し、そのおいしさに感動され、ふく料理公許第一号の栄に浴しました。

また、明治28年には世界の外交史に残る日清講和条約(下関条約)の締結会場となり、講和会議の意義を後世に伝えるため、敷地内には日清講和記念館も隣接、

講和会議が行われた部屋を当時の調度そのままに再現。浜離宮から下賜された椅子をはじめ、伊藤博文や李鴻章の遺墨など講和会議に関する多くの資料を展示しております。

残念ながら初代の建物は空襲により焼失しました。現在の建物は3代目の建物となり、宿泊のみでなく会食やパーティーなどもご利用いただける施設です。

関門海峡の景色を愛でながら、海峡の歴史と共に、ふぐ料理をご堪能いただける割烹旅館です。

基本の宿泊プラン

施設概要

​施設名

春帆楼本店

住所

〒750-0003 山口県下関市阿弥陀寺町4-2

駐車場

30台

TEL/FAX

083-223-7181 / 083-232-7980

交通アクセス

JR下関駅から車で7分

JR新下関駅から車で15分

山口宇部空港から車で50分(公共バスでは90分下車後徒歩10分)

チェックイン

チェックアウト

[チェックイン] 16:00

[チェックアウト] 10:00

Webサイト